仕事図鑑

WEB業界の仕事

Webデザイナー

クライアントの要望を反映して制作したWebサイトが評価され、反響効果に繋がることがやりがいです。

グラフィックデザイン&イラスト専攻卒

Webデザイナーとは?

デザインだけでなく機能性までデザインする職業

インターネットを使えば必ず目にするWebサイト。そのデザインや設計を行うのがWebデザイナーです。具体的にはIllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを使って、Webサイトのデザインを行い、そのデザインを基にHTMLやCSSなどの言語で文字に色を付けたり、見出しをつけたり、リンクを設定したりしてWebサイトを制作していきます。Webデザイナーが制作するWebサイトは企業にとって「顔」とも言えるため、「企業イメージ」や「集客・売上げ」につながる大きな役割を担っています。企業が自社サイトを持つことが当たり前になっている今、デザインだけでなく、検索エンジンSEOに強く、ユーザーが見やすい、使いやすい機能性まで考えられたWebサイトが求められています。

Webデザイナーってどんな仕事?

サイトの目的に応じて最適なデザインを手掛ける仕事

クライアントの要望や目的に合わせたWebサイトのデザインを手掛けるのがWebデザイナーの仕事です。Webサイトのデザインというのはキービジュアルの見た目のイメージだけでなく、ユーザーインターフェースやサイト構成のようなユーザビリティに関わる部分も含めた総合的なデザインをします。Webデザイナーはデザイナーという名前ですが、サイトのデザインだけでなくサイトの設計やコーディングと言った作業を担当することもあります。そのためWebアプリケーションフレームワークやHTML、CSS、Javascriptなどプログラミング言語の扱い方も習得しなければなりません。デザイナーとコーダーが分業の制作会社であってもWebサイトの構築・実装までを知っていれば、よりクオリティの高いWebサイトを作ることができるので勉強しておいて損はありません。

要件定義

リニューアルの目的や現状サイトの問題点、描いているサイトイメージ、ターゲットユーザー、必要なコンテンツ、納期などの要件を整理し明確にしておきます。必要であればWebディレクターに同行して直接クライアントからヒアリングを行うこともあります。

レイアウト作成

整理した要件に沿ってワイヤーフレームと呼ばれるWebサイトの骨組みとなる設計図を作成します。ワイヤーフレームはWebディレクターによって作成されることが一般的ですが、制作会社によってはWebデザイナーもこの段階から関わるケースもあります。

デザイン

グラフィックソフトを用いてワイヤーフレームに合わせてWebサイトをデザインします。カラーコーディネートやロゴ、フォント、イラストや写真素材を組み合わせWebサイトをデザインします。必要な素材がない場合は自分で作成することもあります。

コーディング

デザインのOKがでたらページが実際の動くようにコーディングを行います。Webデザイナーとコーダーが分業でない場合はWebデザイナーがコーディング作業を兼任します。HTMLやCSSでスクリプトを記述し、準備した素材と組み合わせWebサイトを構築していきます。

テスト

コーディングが完了したら要件通りの動きになっているか、リンク設定に間違いはないか、誤字脱字などの表記揺れがないか、各ブラウザで閲覧しても問題なく表示され機能を果たしているかどうかなど、細部まで検証を行い、バグを発見したら原因を突き止め修正します。

どうすればWebデザイナーになれる?

Webデザイナーへの道のり

未経験者が独学でデザイン知識やコーディングスキルまでを一人で身につけるのは困難なため、まずはクリエイティブ系の専門学校や大学で、Webデザインに必要な専門知識を身につけることが望ましいでしょう。専門学校では実際のサイト制作を通して実務で必要とされるHTMLやCSSのコーディング技術を体系的に学ぶことができるため即戦力となるスキルの習得も早いといえます。在学中から自分の作品集となるポートフォリオを作成し就職活動に役立て、Web制作会社や広告代理店への就職を目指します。Webデザイナーとしてキャリアを積めば、WebディレクターやWebプロデューサーへのステップアップも可能です。

求められる知識・資質

デザイン力

魅力あるサイトを作るには配色やレイアウトバランスなど、デザインスキルだけでなく、移り変わりの速いWeb業界のトレンドに対し、アンテナを広げ新しい技術を取り入れていくことが重要です。

コミュニケーション能力

クライアントの意図や要望をくみ取ったり、クライアントの課題に対しWebデザイナーとして的確なアドバイスを行う上でコミュニケーション能力は欠かせません。制作メンバーと意思疎通を図るためにも不可欠です。

ライティングスキル

魅力的なWebサイトには、目を惹くコピーや文章が欠かせません。印象に残るライティングスキルができれば、より良いWebサイトを作ることができるでしょう。

コーディングスキル

Webデザイナーはコーディングも担当することが多いためHTML、CSS、javascriptなどのコーディング言語を覚えておくと役に立ちます。またデザイン専門であってもコーディングを学ぶことでより品質の高いWebサイト制作を目指せます。

Webデザイナーに必要な資格や試験情報

Webデザイナーになるために必要な資格や試験はありませんが、Photoshopやillustratorといったグラフィックソフトの操作スキルは最低限必要です。資格取得を目指すことで知識や技術を身につけることができるので実務において有効といえるでしょう。その他、ウェブデザイン技能検定や色彩検定などWebデザイナー向けの資格を持っていると自身のレベルを証明することができるので就職に有利になります。資格だけでなく、日頃からトレンドとなっているサイトを分析したり、競合サイトのデザインを調査したりするなどして、最先端のデザインや技術を取り入れる姿勢も大切です。

Webデザイナーを目指せる専攻

スーパーデザイン専攻

  • 4年制
  • 高度専門士

グラフィックデザイン・WEBデザイン・3DCG・映像編集を総合的に学び、第一線で活躍できるデザイナーを目指す。

目指せる仕事
アートディレクター / 広告プランナー / WEBデザイナー / グラフィックデザイナー / イラストレーター / パッケージデザイナー

グラフィックデザイン&イラスト専攻

  • 3年制
  • 専門士

ゲーム業界が求める3DCGやイラストの技術を身につけ、魅力あるキャラクターや背景などゲームデザイナーに必要な技術を総合的に学ぶ

目指せる仕事
ゲームキャラクターデザイナー / ゲームグラフィッカー / モーションデザイナー / アートディレクター / ゲームデザイナー

webWEB業界の仕事

come on

FCAをリアルに体感! Let’s Go FCA!

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
page top
Close