資格図鑑

CompTIA A+

CompTIA A+はCompTIA(コンプティア、コンピューティング技術産業協会)が認定しているベンダーニュートラルなIT関連の国際資格です。 CompTIAは1982年に設立されて以来、日本や欧米をはじめとした世界各国に拠点を増やし、現在では100カ国以上の国と地域で試験を実施しています。 CompTIA A+ではITプロフェッショナルとして活躍するための基本的な知識を学べ、その範囲はハードウェア、OS、ネットワーク、セキュリティ、トラブルシューティングといった広範囲にわたります。

サクッとまとめを確認!

CompTIA A+はこんな資格!

  • 100カ国以上の国と地域で実施されているグローバルな資格!
  • ベンダーニュートラルな資格なため、さまざまな業界から支援や協賛がある!
  • 出題範囲は広く、問われる内容はハードウェアやOS、ネットワーク、セキュリティなど多岐にわたる
TECH.C.福岡で
を相談できるよ!

CompTIA A+とは?どんな資格ですか?

ベンダーの垣根を超えて使える実践的な知識が身につく資格です。

CompTIA A+は特定のベンダー製品に特化していない「ベンダーニュートラル」な資格なので多くの産業界から支持されています。どんなデバイスやOS、ネットワークにも対応できる普遍的な知識を学べることが強みです。現在ではデバイスやOSが混在している環境も少なくないため、ベンダーの垣根をこえてスキルを活かせるCompTIA A+のような資格が重要となっています。

CompTIA A+を取得するメリットはなんですか?

CompTIAの資格は歴史や実績、認知度が高く日本国内だけでなく世界で通用します。

CompTIAが1982年創設ということもあり、歴史や実績、知名度が非常に高いことが大きな強みです
全世界で250万人以上が取得しており、その品質の高さからISO認定も取得しているなど国際的に信頼性の高い資格とされています。
CompTIAA+の公式サイトでは

「CompTIA A+ 220-1001試験/220-1002試験は、少なくとも12ヶ月の実務経験、もしくは現場で必要とされるスキルと知識を評価するための試験です。」

となっており、資格を取得すれば1年間の実務経験相当のスキルを証明可能です。
CompTIA A+を取得し、IT技術者に必要とされる基本的なスキルを持っていることを証明できれば、自身のスキルアップや採用時のアピールにも使えるでしょう。
企業のなかにはCompTIA A+に資格手当を出しているところもあるので待遇改善にも役立ちます。

どんな試験?

試験はコンピューターを使ったCBT方式、CompTIA A+の認定には2科目での合格が必要です。

CompTIA A+の認定にはcore1とcore2の2科目での合格が必要。現在はcore1(220-1001)、core2(220-1002)です。
ハードウェア、モバイルデバイス、ネットワーキング、仮想環境、OS、セキュリティなど試験内容は多岐にわたるため基礎からしっかりと勉強することが大切です。
また、試験では受験料として1科目につき¥29,109(税込)の費用がかかります。

試験の難易度はどれくらい?

出題範囲が広いためしっかりと対策しなければ合格は難しいでしょう。

合格率は非公表のため詳細は不明ですが、CompTIA A+はエントリーレベルのITプロフェッショナル向け資格なので難易度はそれほど高くないとされています。
しかし、出題範囲が広いため実務経験を積んだエンジニアであってもしっかりと対策しないと苦戦するでしょう。

CompTIA A+には有効期限があるってほんと?更新方法は?

はい、CompTIA A+には3年間の有効期限があり、資格維持のためにはCE(継続教育)プログラムへの参加が必要となります。

IT業界の素早い変化に対応するため、IT資格には有効期限が設定されているものが多いです。
CompTIA A+もそうしたIT資格の1つであり、資格維持のためにはCE(継続教育)プログラムの条件を満たすか、改訂試験の合格上位資格の合格承認されたIT認定資格の取得のどれかを満たす必要があります。

CEUの申請とCEプログラム費用が免除されるもの更新に必要な「20」CEUの申請/承認とCEプログラム費用が発生するもの
・CompTIA A+改訂試験の合格
・CompTIA A+の上位資格にあたるCompTIA認定資格の取得
・CompTIA以外の承認されたIT認定資格の取得
・その他、CEUに対象となるアクティビティの実施

試験形式

試験科目2科目(220-1001と220-1002の2試験合格で認定)
試験番号220-1001/220-1002
制限時間90分
問題数/出題形式最大で90問 単一/複数選択、パフォーマンスベーステスト(シミュレーション)
合格ライン220-1001: 100~900のスコア形式 675スコア以上
220-1002: 100~900のスコア形式 700スコア以上

どんな職業で役に立ちますか?

CompTIA A+はITに関する基本的な知識を学べるため、ITエンジニアなどでスキルを活かすことが可能です。

CompTIA A+では基本的かつ実践的な知識を身につけられるため、ITエンジニアのような職業に向いています。
さらにスキルを磨きたい場合はより上位の資格にも挑戦してみるといいでしょう。

資格が役立つ業界・職業

システムエンジニア

ITの普及にともない需要が高まり続けているシステム開発、そのシステム開発の中心的存在がシステムエンジニア(SE)です。
Windows、macOS、Linuxが混在しているITシステムは珍しくありません。こういう環境でのトラブルシューティングにはOSによらない汎用的な知識が役立つでしょう。

≫ゲームプログラマー専攻ページへ

モバイルアプリ開発エンジニア

スマートフォン向けのアプリを開発するモバイルアプリ開発エンジニアはスマートフォンの普及と共に需要が高まっている将来性の高い職業です。 CompTIA A+ではモバイルデバイスや仮想化、クラウドコンピューティングの基礎が学べるため、モバイル開発でも力を発揮します。

≫ゲームプログラマー専攻ページへ

CompTIA A+以外にはどんな資格があるの?

CompTIA Security+

CompTIAはA+以外にも認定をおこなっており、CompTIA Security+はセキュリティに特化した資格です。
脅威や脆弱性の分析、セキュアなネットワーク構築といった技能を評価できます。
大手企業の若手エンジニア育成のために導入されている実績もあり、ITエンジニアがたしかなスキルを身につけるときの役に立つでしょう。CompTIA A+に合格し、セキュリティについてさらに深く学びたい人にオススメの資格です。

基本情報技術者試験

IPAが認定している国家資格。IT技術者向けの入門資格という位置づけで、CompTIA A+と立ち位置の近い資格です。
ハードウェアやソフトウェアに加えてマネジメントや経営に関する出題もあります。

CCNA(Cisco Certified Network Associate)

ネットワークエンジニアやクラウドエンジニアのようなインフラエンジニアが目指す資格です。
ネットワーク機器大手のCiscoが認定しているベンダー資格であり、ネットワークやルーターの扱いを学べます。

現場のプロから学び、好きなことを仕事にする専門学校

資格と豊富な演出で即戦力として就職しよう!

  • 現場に出ているプロ講師から、同じ目標を持つ仲間と学ぶ!
  • 複数の資格を取得して就活を有利に進められる!
  • 有名企業が来校して話を聞ける!
資格図鑑一覧へ

AO入学(総合型選抜)の特徴

  • 早期に進路を決定することができる!
  • AO入学(総合型選抜)の選考は「作文」「面接」のみ

エントリー資格

  • アイコン

    将来の夢や目標を
    持っている人

  • アイコン

    好きな仕事を通じて、
    人に喜びや感動を与えたい人

  • アイコン

    「好きなことを仕事にしたい」
    という気持ちを持っている人

come on

TECH.C.福岡をリアルに体感! Let’s Go!

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
page top