仕事図鑑

最新テクノロジーの仕事

AIコンサルタント

クライアントの課題に対し、AIの知見を活かし最適な方法で解決できた時に大きな達成感とやりがいを感じられる仕事です。

AIエンジニア専攻卒

AIコンサルタントとは?

最先端のAIを最適な形で企業に導入する職業

AIコンサルタントとは、AIの技術でクライアントが抱える経営課題や業務課題を解決する仕事です。近年急速に需要が拡大しているAIですが、適切な環境で適切に使用できているという企業はまだ多くありません。AIを導入すること自体が目的化、何のためにどうやって導入し、活用していくべきかを判断できていないケースも多数見受けられるのです。AIコンサルタントはそのような企業に対し、現状の課題を整理してAIを導入すべきか、導入するとしたらどのような形のシステムが最適かを分析し、提案します。AIの開発にはそれ相応のコストがかかりますが、その分業務改善効果は大きなものが見込めます。提案したAIシステムを導入し、結果的にクライアントの業務改善や売上拡大につながった際は、強い達成感を味わえることでしょう。

AIコンサルタントってどんな仕事?

AIソリューションで業務効率化を図る

AIコンサルタントの仕事は、クライアントが抱える課題に対して最適なAIソリューションを導入することです。「なんとなくこの業務にAIを入れてみたい」という要望があったとしてもそのまま鵜呑みにせず、本当にAIが必要な課題なのか、AIが必要なのであればどのようなソリューションが適しているのかを客観的に分析・検討します。 その際に重要になるのが、現場の課題を分かりやすく整理することです。AIの導入を検討している部署や職種にとって、現状何がネックになり業務負担がかかっているのかを詳しくヒアリングしていきます。その上で、予算内で最大限に効果を発揮するAIソリューションを提案します。それでは、AIコンサルタントの基本的な仕事の流れを紹介します。

ヒアリング

クライアントが現状抱える課題やAIへの認識、現状導入しているシステムや現場の業務フローなどをヒアリングします。クライアントがAIは何でもできると考えているケースもあるため、現状のAI技術で実現できることの認識合わせも必要に応じて実施します。

分析

現場が抱える課題に対して、どのようなAIが最適か分析します。また、課題の状況や優先度などを整理し、AIで解決できる課題であるかどうかも見極めます。

提案・プレゼン

導入すべきAIソリューションを提案します。課題を分かりやすく示し、なぜこのAIソリューションを導入すべきなのかを説得力のある形でプレゼンテーションします。その際、説得力のある裏付けとなるデータや資料などを提示するため、資料作成能力も必要になります。

マネジメント

導入するAIソリューションが決まれば、AIソリューションやAIシステム開発のためのプロジェクトをマネジメントします。予算や納期に応じて人材をアサインし、的確な指示を出してスムーズに業務を遂行していきます。

どうすればAIコンサルタントになれる?

AIコンサルタントへの道のり

AIコンサルタントになるための必須資格はありません。しかし、AIという最新技術に関する深い知識や業界知識、ビジネスに対する理解力などが求められるため、AIやビジネスを学べる専門学校、大学に進学することをおすすめします。卒業後はコンサルティングファームやシステム会社など、AIコンサルタントを募集する企業に就職し、経験を積んで一人前のAIコンサルタントへと成長します。コンサルタントは非常に専門的な知識と経験が問われる職種なので、すぐにAIコンサルタントとして活躍するのは難しいですが、アシスタントやシステムエンジニアなどで現場を知ることで、より高度な提案ができるスキルを養うことができます。

求められる知識・資質

AIとIT技術全般の知識

AIコンサルタントはAIやIT技術全般に対する幅広い知識を持つことが求められます。特にAIは技術の進歩が速く、実現できることやサービスの幅が年々広がっているため、最新の情報をチェックすることを怠らないようにしましょう。

論理的思考力

クライアントの課題や要望を的確に理解し、最適なソリューションを提案するための理解力と論理的思考力が必要です。なぜこのAIソリューションであるべきなのか、論理的に分析して提案できる力を養いましょう。

コミュニケーション力

クライアントとコミュニケーションをとって課題を聞き出し、プレゼンテーションするためのコミュニケーション力が求められます。プロジェクトマネジメントでは各メンバーに指示を出し、AIソリューションを完成させる力が必要です。

AIコンサルタントに必要な資格や試験情報

AIコンサルタントが必ず取得しなければならない資格はありませんが、「Pythonエンジニア認定試験」「統計検定」はAI開発に関する知識が問われる資格なので、知識とスキルのレベルアップにつながります。AIコンサルタントは必ずしもAIを開発できる必要はありませんが、AI開発の仕組みや現場で行われていることを知ることは、質の高い提案につながります。AI分野は年々大きな進化を遂げており、これからもさらに成長することが予測されるため、常日頃から知識をアップデートすることが求められます。また、AIに関する情報は英語で発信されることが多いため、語学力を磨くのも仕事での武器となるでしょう。

AIコンサルタントを目指せる専攻

AIエンジニア専攻

  • 4年制
  • 高度専門士

AIに関するプログラム言語のほか、機械学習・統計処理といった、さまざまな領域の知識領域の知識・技術を学び、未来社会の実績を支えるスペシャリストを目指します。

目指せる仕事
AIエンジニア / AIコンサルタント / AIプランナー / アプリケーションエンジニア / AI開発研究者 / システムエンジニア

データサイエンティスト専攻

  • 4年制
  • 高度専門士

分析や統計、ITの知識と技術を習得するとともに、仕事に活用するためのコンサルティング、ビジネススキル、マネジメント、コミュニケーション能力も身につけ企業が求める一流のプロフェッショナルを目指します。

目指せる仕事
データサイエンティスト / データアナリスト / データエンジニア / デジタルマーケター / データ分析コンサルタント / プロジェクトマネージャー

technology最新テクノロジーの仕事

AO入学(総合型選抜)の特徴

  • 早期に進路を決定することができる!
  • AO入学(総合型選抜)の選考は「作文」「面接」のみ

エントリー資格

  • アイコン

    将来の夢や目標を
    持っている人

  • アイコン

    好きな仕事を通じて、
    人に喜びや感動を与えたい人

  • アイコン

    「好きなことを仕事にしたい」
    という気持ちを持っている人

come on

TECH.C.福岡をリアルに体感! Let’s Go!

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
page top