仕事図鑑

最新テクノロジーの仕事

システムアドミニストレータ

起こりうるトラブルに備え、素早く対処するスキルと事前の気付きによって問題回避できるように心掛けています。

システムアドミニストレータとは?

社内のネットワークやシステムを運用・管理する職業

システムアドミニストレータとは企業のシステム管理者のことです。「シスアド」「システム管理者」とも呼ばれ、社内で使用するネットワーク機器の配置やケーブル設置、ルーターの取り付け、社内システムの構築やソフトウェアの導入、セキュリティ対策などを担当します。また、社員からパソコンやソフトウェアの不具合が報告された時には確認を行い、修正したり対策方法を伝えたりすることで、社内のIT運用を円滑にします。近年は企業向けのクラウドシステムをはじめ、多岐に渡るITサービスが提供されているため、それらを導入することで企業の業務効率化や生産性向上を図るのも役割の一つになります。自分自身がコミットした社内システムによって、社員の業務フローが改善されて感謝された際には、大きな喜びと達成感を味わえるでしょう。

システムアドミニストレータってどんな仕事?

IT機器のセキュリティを確保し安全に運用する

企業独自のシステムやネットワークを構築するだけでなく、自社の課題にマッチするクラウドサービスを導入し、業務改善を図るケースが増えています。クラウドサービスは様々な特徴を持ったものが多数提供されているので、自社の課題を分析した上で比較検討し、提供ベンダーと交渉しながら導入を進めていきます。また、コンピュータやプリンター、ルーターなどのIT機器の安全性を確保するため、アップデートを行ったり機器の交換を行ったりします。社員のIT研修を行い、セキュリティに対する意識を高めることも重要になります。社内のIT機器にトラブルが発生した場合は的確に対処します。「メールが使えなくなった」「システムの使い方が分からない」といった社員からの相談に対しても、対処方法を伝授する必要があります。

クラウドサービスの導入

社内チャットシステムや営業管理ツールなど、クラウドサービスを導入することで社内の業務を効率化します。

ネットワーク機器の設置

コンピュータやプリンター、ルーター、サーバなどネットワーク機器を社内の最適な場所に設置します。有線機器の場合はケーブルの効果的な配置方法を検討します。

セキュリティ対策

セキュリティソフトを導入したり、IT機器のアップデートを行ったりすることでセキュリティ対策を実施します。セキュリティ研修を行い、社員一人ひとりの意識を高めることも大切です。

不具合対応

IT機器やシステム、ソフトウェアなどの不具合に対応します。必要に応じてメーカーに問い合わせたり、修理依頼をかけたりします。

どうすればITコンサルタントになれる?

システムアドミニストレータへの道のり

システムアドミニストレータになるために取得が義務付けられている資格はありませんが、「ITパスポート」を取得するのがおすすめです。「ITパスポート」は元々「初級システムアドミニストレータ試験」という名前で、その名の通りシステムアドミニストレータに必要なIT知識が問われる問題で構成されています。ITパスポートを目指し、ITに関する知識やスキルを身につけるためにも、IT系に強い専門学校や大学に進学するとよいでしょう。その後、システムアドミニストレータを募集する企業に就職し、キャリアを積んでいくことになります。

求められる知識・資質

好奇心

IT技術やクラウドサービスは年々進化しているので、最新の情報を収集して企業に導入するための好奇心が求められます。新しい技術に対しても臆せず、業務改善に活かせるものであれば積極的にチャレンジする姿勢を持ちましょう。

慎重さ

今やITの力は企業になくてはならない存在です。IT機器やシステムが壊れたり、セキュリティ対策を疎かにして攻撃を受けたりしては、仕事ができなくなるだけでなく社会的損害を与えてしまうリスクもあります。そのため、社内ITの管理・運用には十分な慎重さが求められます。

コミュニケーション力

社員にIT機器の使い方を説明したり、メーカーやベンダーと交渉して機器やシステムを導入したりするためのコミュニケーション力が必要です。

システムアドミニストレータに必要な資格や試験情報

システムアドミニストレータにおすすめの資格は「ITパスポート」です。ITパスポートは情報処理技術者試験の中でも入門編の国家資格で、ITに関する基本的な知識やITプロジェクトのマネジメント方法、インフラ構築の方法など、システムアドミニストレータが業務で使用する知識が幅広く問われる内容となっています。また、さらなるスキルアップやキャリアアップを目指す場合は、より高度な知識が問われる「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」にチャレンジするとよいでしょう。 システムアドミニストレータはプログラマーやエンジニアのように、自らシステムを開発するケースは基本的にありませんが、IT技術が開発されるプロセスや仕組みについて詳しくなることもおすすめします。仕組みを理解することで、より効率的に業務を遂行できるようになることでしょう。また、クラウドサービスなど新たなIT技術の情報を積極的に吸収し、社内の業務改善に活かせる技術を導入する準備を整えておきましょう。

システムアドミニストレータを目指せる専攻

AIエンジニア専攻

  • 4年制
  • 高度専門士

AIに関するプログラム言語のほか、機械学習・統計処理といった、さまざまな領域の知識領域の知識・技術を学び、未来社会の実績を支えるスペシャリストを目指します。

目指せる仕事
AIエンジニア / AIコンサルタント / AIプランナー / アプリケーションエンジニア / AI開発研究者 / システムエンジニア

technology最新テクノロジーの仕事

come on

TECH.C.福岡をリアルに体感! Let’s Go!

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
page top