仕事図鑑

最新テクノロジーの仕事

プログラマー

時間をかけて組み上げたプログラムが意図するように動いた時に大きな達成感を感じられる仕事です。

AIクリエーター専攻卒

プログラマーとは?

プログラミングでシステム開発を行う職業

プログラマーは、情報システムの開発に携わる仕事です。しかし、開発のすべてのプロセスを担当するのではありません。システムエンジニアが開発のために作成した設計書に従ってプログラミングを行うのがプログラマーの仕事であり、その後のシステムのテストなどのプロセスは、システムエンジニアが行います。プログラマーはシステム開発事業を行っている企業や、Web制作会社、ゲーム制作会社、メーカーなどで活躍することができます。どこに就職するかによって、Webプログラマー、ゲームプログラマー、アプリケーションプログラマー、汎用系のシステムプログラマーなど、プログラマーと一口に言っても複数に分類され、開発の目的によって使用する言語もさまざまです。プログラマーが必要とされる業界は多分野に広がっており、IT人材の不足に伴い、今後も需要が拡大する職業でしょう。

プログラマーってどんな仕事?

設計書に従ってプログラミングを行う仕事

プログラマーは、数々の開発言語やサーバに関する知識やスキルをもとに、求められたシステムが動作するようにプログラミングをする仕事です。IT業界の中でもシステムエンジニアと並んで人気の職業です。ただ、企業規模によって、システムエンジニアとプログラマーの業務の境目が曖昧だったり、兼任している場合もあります。システム開発の全プロセスである設計からテストまでをプログラマーが行うこともあれば、システムエンジニアがプログラミングを行うこともあります。具体的な仕事内容として、各種プログラミング言語を用いたコーディングバグの発見や修正プログラムの動作確認やテストなどがあります。働く業界や開発するモノによって使用言語が異なるので、より多くの言語を習得することで仕事の幅を広げることができるでしょう。プログラマーの仕事の流れをみていきましょう。

システムエンジニアとの打合せ

プログラマーの仕事は、設計書で組み立てられた情報システムをプログラミングによって動作させることです。まずは設計書を書いたシステムエンジニアと打ち合わせを行い、注意事項やクライアントの要求について共有します。システムエンジニアと情報を共有することによって、よりクライアントが求めるシステムの構築を実現しやすくなります。

プログラミングを行う

多くの場合、1つのプロジェクトにつき、複数人のプログラマーがチームとなって取り組みます。Webプログラマーや、アプリケーションプログラマーの場合は特にプロジェクトチームを組むことが多く、チームの人数も大規模であることが多いでしょう。各自自分が任されたモジュールのプログラミングを行い、納期までに1つの大きなプログラミングを完成させます。

システムエンジニアに納品

プログラミングを行った後は、設計書を作成したシステムエンジニアに納品します。システムエンジニアは、プログラムが設計書通りに動作するかテストを実施しますが、この時もしもバグが発生することがあれば、再度コードの書き直しを行います。バグを極力なくすためにも、エラーメッセージをよく読み込むことが必要です。

どうすればプログラマーになれる?

プログラマーへの道のり

プログラマーは、様々なプログラミング言語を用いてシステムやソフトウェアを構築していくので、「C言語」「Java」などの基本言語だけでなく、ハードウェアからソフトウェアまでコンピュータ全般にわたる知識、技術が必須になります。中でもプログラミング言語に関しては、知識だけでなく、しっかりと使いこなせる実践力が求められます。まずは専門学校などでコンピュータやソフトウェアの仕組みプログラミングの知識を体系的に学び、即戦力となる知識やスキルを身につけておきましょう。コンピュータ関連企業や一般企業の開発部門、ゲーム業界などでプログラマーとして経験を積み、業務を通してシステムエンジニアに必要な要件定義や基本設計などのスキルを習得しシステムエンジニアへのキャリアアップやネットワークエンジニア、AIエンジニアなど、自身の頑張り次第でキャリアステージを広げることも可能です。キャリアアップすることによって、企業に雇用されるのではなく、フリーランスとなって独立するプログラマーもいます。

プログラマーに求められる知識・資質

プログラミングスキル

プログラマーになるために、最も求められるのはプログラミングスキルです。プログラマーとして活躍するためには、2言語、3言語と幅広く対応できるとよいでしょう。C言語は最低限として、Webプログラマーが開発で用いることが多いPHP、JavaScriptに関する知識とスキルがあると、プログラマーとして歓迎されやすくなります。大規模情報システムの開発にも役立つRubyのスキルもあると、なおよいでしょう。

データベースに関する知識

ビッグデータを扱う場合でも、データベースを活用するシーンが増えてきています。プログラマーとして幅広く活躍するためには、開発言語だけではなく、データベースそのものに関する知識があるとよいでしょう。

忍耐力

プログラムを組むだけでなく、バグを見つける作業や修正、不具合の調整など何ヵ月もかけてテストを行うこともあります。一つのことに根気強く取り組める姿勢と忍耐力も求められます。

コミュニケーションスキル

開発はシステムエンジニアも含め、チームで行うことが多いため、連携して作業を進めていくコミュニケーションスキルや協調性も身に付けておかなければなりません。

プログラマーに必要な資格や試験情報

プログラマーになるために、必ず資格を取得しなければならないというものではありませんが、資格を取得することで自身のスキルを証明することができ、就職時に有利になることもあるので、IT系の専門学校では、在学中にこうした資格を取得してから就職に臨むケースが一般的です。チャレンジすることで自身のレベルを知ることができるので目的に合わせて挑戦してみるとよいでしょう。また、プログラミング言語もバージョンアップなどで移り変わりが早く、プロとして現場に出てからも、新しいプログラミング技術について常に知識や技術を学び続け、自分のスキルを磨く努力は欠かせません。言語だけでなく、OSの動作など、ハードウェア・ソフトウェアに関する幅広い知識も不可欠です。

プログラマーを目指せる専攻

ゲームプログラマー専攻

  • 3年制
  • 専門士

ゲーム開発に必要なC言語やC++などのプログラミングを学び、ゲームの流れを作るスペシャリストを目指す。

目指せる仕事
ゲームプログラマー / ゲームプランナー / ゲームクリエーター / モバイルゲームプログラマー / ゲームプロデューサー

AIクリエーター専攻

  • 4年制
  • 高度専門士

ゲームAIや社会やビジネスに必要とされる最新の人工知能プログラミング技術を身につける。

目指せる仕事
AIエンジニア / プログラマー / サーバーエンジニア / ネットワークエンジニア / セキュリティエンジニア / システムエンジニア

ホワイトハッカー専攻

  • 4年制
  • 高度専門士

サイバー犯罪から社会を守るホワイトハッカー。ハッキング技術だけではなく、ネットワークなどセキュリティに関する知識・技術を幅広く学びます。

目指せる仕事
ホワイトハッカー / サイバーセキュリティ担当者 / セキュリティエンジニア / ネットワークエンジニア / システムエンジニア

technology最新テクノロジーの仕事

AO入学の特徴

  • 早期に進路を決定することができる!
  • AO入学の選考は「作文」「面接」のみ

エントリー資格

  • アイコン

    将来の夢や目標を
    持っている人

  • アイコン

    好きな仕事を通じて、
    人に喜びや感動を与えたい人

  • アイコン

    「好きなことを仕事にしたい」
    という気持ちを持っている人

come on

TECH.C.福岡をリアルに体感! Let’s Go!

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
page top
Close