仕事図鑑

最新テクノロジーの仕事

システムエンジニア

システム開発によってクライアントの課題解決や企業の利益に貢献できることがこの仕事の醍醐味です。

AIクリエーター専攻

システムエンジニアとは?

IT業界でシステム開発の中心となる職業

システムエンジニアとは、クライアントの要望に沿ったシステムを提案し、システム開発によってクライアントの課題を解決へと導くエンジニアを指します。システムの設計、開発、テストといったプロセスを通して、新しいシステムを開発するのがシステムエンジニアの主な業務です。企業の顧客管理システム、警備システム、スマホやPCの情報システムなど、人々の生活がより便利になるような様々なシステムが開発されています。自分の組み立てたシステムによって人々の暮らしを豊かにするというやりがいを感じられる職業です。IT化が進む情報社会においてあらゆる業界でシステム開発が求められている現代、システムエンジニアへの需要は今後さらに高まるでしょう。

システムエンジニアってどんな仕事?

クライアントが求める新しいシステムを創り出す仕事

システムエンジニアの仕事はクライアントへのヒアリングから、設計、保守・運用まで多岐にわたります。クライアントのニーズや課題に合わせてシステムの企画・設計から開発全般を管理する役割を担っています。システム開発にはプログラマーをはじめとしたチームで行いますが、システムエンジニアは、その全ての工程に関わり、クオリティや進捗を管理しながらプロジェクトを進めていきます。具体的なシステムエンジニアの仕事内容をみていきましょう。

クライアントの課題をヒアリング

クライアントの課題に合わせた提案力が求められるため、まずはクライアントのニーズを的確に把握し汲み取るヒアリング力が必要です。クライアントや、企業が求めるシステムが何なのかを詳細に把握するために徹底したヒアリングを行い、要求を分析していきます。

基本設定と詳細設定

ヒアリングに基づき、方式設計、機能設計、セキュリティ設計といったシステムの基本設計を行います。次に詳細設計は、システムのユーザーには見えない部分の設計を指し、実際のプログラムの構造を具体化し、システムの内部処理方法を確定します。これがプログラマーがプログラミングをする際の設計書になります。

システム開発の実装

設計書ができあがると、プログラムの開発に入りますが、実装はプログラマーが行います。システムエンジニアは、進捗管理や開発工程のチェック、またチームに指示をしながら全体の調整、管理を行います。

システムのテスト

プログラマーの手によってプログラミングされたシステムのテストを行います。テストした結果、システムが設計した通りに動作しない場合には、プログラミングの確認、設計自体をやり直すこともあります。

納品・運用

納品後の運用や管理も、システムエンジニアの大切な仕事になります。目的通りにシステムが運用されているかチェックし、何か問題があれば機能の追加・修正を随時行い、速やかに対応します。

どうすればシステムエンジニアになれる?

システムエンジニアへの道のり

システムエンジニアはプログラミング言語をはじめ、コンピュータ全般に関する高度な専門性が求められるため、IT・情報系の専門学校などで知識を身につけることが近道といえます。プログラマーの経験なくしてシステムエンジニアにはなれません。開発の目的によって異なる開発言語をマスターし、まずはプログラマーとして設計に基づいたプログラミングやシステムのテスト運用などシステムエンジニアの基礎となる業務を覚え、多くの経験を積んだ上でシステムエンジニアとしてキャリアアップしていく流れが一般的です。システムエンジニアとして開発経験を積み、実績を重ねるとシステムアナリストやプロジェクト全体を取り仕切るプロジェクトマネージャーへのキャリアアップも目指せます。

求められる知識・資質

全体を見渡す力

システムエンジニアには、システム設計からテストまでの一連のプロセスを全体的に見渡す力が求められます。その中には、クライアントの要求や予算といった問題も含まれています。そのため、俯瞰的に物事を見渡せる能力が重要となります。

コミュニケーション能力

クライアントの意図を汲み取り、より良い提案をするのはもちろんですが、システム開発はチームで行うことがほとんどです。プログラマーへの指示や情報共有など意思疎通を図るコミュニケーション力は欠かせません。

管理能力

企画設計したシステムの開発工程やスケジュール管理をし、それらをプログラマーへ指示します。納期通りに納めるため、全体を指揮しまとめる管理能力が求められます。広い視野で目配りができ、常に先回りして動けるフットワークの軽さと、トラブルがあったときの対応力、柔軟性も必要です。

プログラミングスキル

クライアントへ提案する際にもプログラミングを理解していなければ良い提案はできません。また企業によってはシステムエンジニアがプログラミングの工程を兼任する場合があります。プログラマーへの適切な指示出しなど、プログラミングスキルはシステムエンジニアのすべてのプロセスで役立つでしょう。

システムエンジニアに必要な資格や試験情報

システムエンジニアになるために必ずしも資格が必要というものではありませんが、取得を目指すことで専門知識を深めることができ、自身のスキルを証明することできます。また、資格取得によって扱える分野が増え、自身の可能性や仕事の幅を広げることに繋がるでしょう。資格取得は就職や転職時に有効ではありますが、資格だけでなく、日々新しいサービスが続々と生まれる中、サービスの進化によって求められるシステム技術も次々と変化していきます。その変化に適した提案ができるよう時代の流れや最先端技術を取り入れ、開発力を磨き続けることが肝心です。

システムエンジニアを目指せる専攻

AIクリエーター専攻

  • 4年制
  • 高度専門士

ゲームAIや社会やビジネスに必要とされる最新の人工知能プログラミング技術を身につける。

目指せる仕事
AIエンジニア / プログラマー / サーバーエンジニア / ネットワークエンジニア / セキュリティエンジニア / システムエンジニア

ホワイトハッカー専攻

  • 4年制
  • 高度専門士

サイバー犯罪から社会を守るホワイトハッカー。ハッキング技術だけではなく、ネットワークなどセキュリティに関する知識・技術を幅広く学びます。

目指せる仕事
ホワイトハッカー / サイバーセキュリティ担当者 / セキュリティエンジニア / ネットワークエンジニア / システムエンジニア

ゲームプログラマー専攻

  • 3年制
  • 専門士

ゲーム開発に必要なC言語やC++などのプログラミングを学び、ゲームの流れを作るスペシャリストを目指す。

目指せる仕事
ゲームプログラマー / ゲームプランナー / ゲームクリエーター / モバイルゲームプログラマー / ゲームプロデューサー

technology最新テクノロジーの仕事

come on

FCAをリアルに体感! Let’s Go FCA!

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
page top
Close