仕事図鑑

最新テクノロジーの仕事

モバイルアプリ開発エンジニア

自分の開発したアプリが多くの人に広く支持され活用されることが開発者として喜びです。

ゲームプログラマー専攻卒

モバイルアプリ開発エンジニアとは?

モバイルアプリ開発で人々の生活を快適にする職業

スマートフォンの急速な普及に伴い、パソコンサイトからモバイルサイト、またモバイルサイトからモバイルアプリへと移行しており、モバイルアプリ市場は急激に拡大しています。特にゲームアプリ市場は顕著にその勢いを増し、次々と新しいゲームアプリが開発され、多くのユーザーを楽しませています。そのスマートフォン向けのアプリケーションを開発するのがモバイルアプリ開発エンジニアです。開発されるアプリケーションは多種多様で、便利で使いやすいアプリケーションは人々の生活の一部となり、快適さと豊かさを与え、社会に貢献しています。モバイルアプリ市場の拡大と共に、モバイルアプリ開発エンジニアの引き合いも非常に強く、モバイルアプリ開発エンジニアの需要も高まっており、優秀なエンジニアは引く手あまたです。

モバイルアプリ開発エンジニアってどんな仕事?

新しい発想で価値あるアプリを創造する仕事

スマートフォン向けアプリケーションの企画から開発、運用まですべてのフェーズに関わる仕事です。iOS向けアプリケーションであればSwiftやObjective-C、Andoroid向けアプリケーションであればKotlinやJavaといった言語を使用してシステムを構築していくのでプログラマーとしての実務経験は必須といえます。また、企画や提案段階ではクライアントと直接交渉をする機会もあるため、営業力やコミュニケーション能力も求められる仕事です。チームで開発を行うため、チームのアイデアをまとめ上げるマネジメント能力も時には必要です。

企画・要件定義

どういうアプリケーションを開発するかのクライアントの要望を踏まえ打合せを行います。アプリの実現性やユーザーニーズ、目的、機能、デザイン性、予算、納期など要件定義をまとめ、企画内容を深く掘り下げアプリケーションの具体的なイメージを固めます。

設計・実装・テスト

設計をもとにプログラミングで実装後、意図するように動作するかテストを行います。動作やセキュリティなどのチェックを繰り返しアプリケーションの完成度を高めます。マルチデバイス対応は重要ですが、開発予算に制限がある場合、iOSのみに限定する、Andoroidのみに限定するといった方法で状況に応じて対応します。

運用・保守

リリース後にトラブルがなく利用できるよう定期的な運用と保守を行います。ニーズに合わせて新機能の追加やバージョンアップを行いサービス向上に努めます。ユーザーの問い合わせに答えるなど継続的なサポートやリリース後に起きたバグや不具合などの問題への対処も必要です。

どうすればモバイルアプリ開発エンジニアになれる?

モバイルアプリ開発エンジニアへの道のり

急速に成長し進化していくスマートフォン市場に対応するためには、スマートフォンアプリに特化した開発の企画・制作、スマートフォンなどのモバイルデバイスやモバイル用OSの仕組み、開発に必要なプログラム言語について理解していなければなりません。まずは専門学校で開発に必要な専門知識やスキルを幅広く学ぶことをおすすめします。学校では実際にアプリを開発するなど実践的授業で即戦力を身につけていきます。自身の開発アプリをポートフォリオとして記録に残し、面接や書類選考の際に能力をアピールする材料にしましょう。アプリケーション開発企業やゲーム制作会社へ就職後、すぐにモバイルアプリの開発メンバーに抜擢されることは稀ですので、まずはプログラマーやシステムエンジニアとして開発経験を積み、モバイルアプリ開発エンジニアへのキャリアアップを目指しましょう。

求められる知識・資質

幅広いIT知識

プログラミングスキルの習得はもちろんですが、ネットワークやデータベースなど、システム開発に必要な幅広い知識が求められます。また手掛けるアプリケーションのジャンルは幅広く2Dゲーム、3Dゲーム、SNS、業務用アプリなど多岐に渡るので、それぞれの開発に必要な専門性が求められます。

企画力

時代の流れを読み取り、新しい企画を打ち出せるクリエイティブな企画力や独創的な発想力が求められます。固定概念にとらわれず、柔軟に対応できるチャレンジ精神が大切です。

コミュニケーション能力

アプリ開発のプロジェクトは通常、開発チームが組まれ進められます。意見を出し合い協力しながら、より良いものを開発する上で協調性やコミュニケーション能力は不可欠です。

英語力

GoogleやAppleは米国企業のため開発者向けの情報も英語で公開することが多いです。最新の情報にいち早くアクセスするために英語力を身につけましょう。

モバイルアプリ開発エンジニアに必要な資格や試験情報

モバイルアプリ開発エンジニアになるために必須で取得すべき資格はありませんが、Android技術者認定試験システムアーキテクトの取得を目指すことで、モバイル開発に必要な一連の流れを習得でき、開発の理解を深めることができるでしょう。また就職時にはスキルを客観的に証明できるため有利にいえます。変化の激しい分野なので最新の情報を集めたり、勉強会へ積極的に参加するなどして常に知識をアップデートしていくことは欠かせません。最新のトレンド情報をいち早くキャッチアップし、世間が求めているニーズを的確に読み取り、それをアプリ開発に反映できるスキルとスピード感も大切です。

モバイルアプリ開発エンジニアを目指せる専攻

ゲームプログラマー専攻

  • 3年制
  • 専門士

ゲーム開発に必要なC言語やC++などのプログラミングを学び、ゲームの流れを作るスペシャリストを目指す。

目指せる仕事
ゲームプログラマー / ゲームプランナー / ゲームクリエーター / モバイルゲームプログラマー / ゲームプロデューサー

ゲームエンジン専攻

  • 3年制
  • 専門士

企画を迅速に商品化できる開発ツール「ゲームエンジン」を学び、ゲームの企画開発者を目指す!

目指せる仕事
ゲームプログラマー / ゲームプランナー / ゲームクリエーター / モバイルゲームプログラマー / ゲームプロデューサー

technology最新テクノロジーの仕事

come on

FCAをリアルに体感! Let’s Go FCA!

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
page top
Close