仕事図鑑

グラフィック業界の仕事

DTPデザイナー

イメージに合わせて素材を組み合わせるワクワク感はDTPデザイナーだからこそ味わえる楽しさです。

イラスト&グラフィックデザイン専攻卒

DTPデザイナーとは?

情報を見やすくデザインする職業

DTPとはDesktop Publishingの略で日本語では卓上出版と呼ばれます。書籍や新聞といった印刷物のデザインや印刷用データの制作を行うのが仕事です。アナログで印刷を行っていた時代では、各工程ごとに専門の職人が必要でしたが、コンピューターの登場によりDTPデザイナーに役割が一本化しました。現在ではAdobe製品などの専用ソフトを用いて雑誌・書籍・広告など印刷物のレイアウトを手掛け、印刷するためのデータを制作しています。自らはデザインせずデザインをもとに印刷用データを作成するDTPオペレーターという職業もあります。

DTPデザイナーってどんな仕事?

レイアウトで広告の効果を左右する仕事

雑誌や新聞、ポスターのような印刷物のデザインをし、印刷用データを作成するのが主な業務です。クライアントの要望に応じたデザインの提案をすることで、より見やすく、より訴求力のある印刷物を作成します。主に出版社や印刷業界、広告代理店などで活躍していますが、印刷物を発行する場所であればどこでも需要がある仕事です。DTPはDTPソフトウェアを駆使し、レイアウトやデザインを考え印刷用データを作成する印刷・出版においてなくてはならない工程です。 会社によってはDTPデザイナーとDTPオペレーターで業務が分かれている場合もありますが、両者の区別はあいまいなためDTPデザイナーが業務を兼任している場合が多いです。デザインの際に画像加工やイラスト作成が必要になることもあるため、対応したソフトウェアの知識やイラスト技術を持っていると仕事の役に立つでしょう。

打ち合わせ

クライアントと打ち合わせを行い印刷物の内容や目的を調べ、大まかなデザイン案などクライアントの要望にあった企画を提案します。

ラフデザイン作成

打ち合わせで決まった内容をもとに、ラフデザインの作成を行います。文章や写真の配置を決め、必要であればイラストやグラフなどを作成します。 完成したラフデザインをクライアントに提出し確認をしてもらいます。

DTP

ラフデザインをもとに印刷用データを作成します。 DTPではInDesignやQuarkXPressといったDTPソフトウェアを使用し作業を行います。

校正

完成した印刷用データをクライアントにチェックしてもらいます。クライアントのOKがでれば終了となります。完成したデータは印刷会社に送られ、印刷されます。

どうすればDTPデザイナーになれる?

DTPデザイナーへの道のり

DTPデザイナーとして仕事をするためには、大学や専門学校などでデザイン特有のルールを習得する必要があります。その上で、広告代理店や出版社、印刷会社、デザイン事務所などに就職するのが一般的です。デザイン能力を求められる職業なので専門学校でデザインの基礎ソフトウェアの使用方法を学んでおくと就職にも有利でしょう。キャリアパスとしてはアートディレクターやWebデザイナーがあります。Webデザイナーはレイアウトの知識などDTPデザイナーとして得たスキルを活かしやすいため、Web系の知識を学びWebデザイナーへ転向する人も多いです。

求められる知識・資質

デザインソフトの操作スキル

DTPデザイナーはInDesignやQuarkXPressのようなDTPソフトウェアやAdobe製品など様々なソフトウェアを扱うことになります。デジタルスキルを身につけることで業務を滞りなく遂行することができます。

デザイン力

雑誌や新聞、ポスターなど媒体によって求められるデザインは変わります。デザインの知識をつけることで適切なデザインを考えることができます。

印刷の知識

PC上の見た目と実際に印刷された印刷物では印象が変わってしまうことも珍しくありません。狙い通りの印刷ができるようにするためには印刷の知識を学び、印刷紙の種類による違いや、インクの載りの違いなどを正しく理解する必要があります。

コミュニケーションスキル

作成したデザインの意図や、どのような効果が期待できるかについて、クライアントや上位職であるアートディレクターに分かりやすく伝えられる説明能力やコミュニケーションスキルも求められます。

DTPデザイナーに必要な資格や試験情報

DTPデザイナーになるために必要な資格や試験はありませんが、DTPに関連するいくつかの資格があります。DTPエキスパートは日本印刷技術協会(JAGAT)が実施する資格試験で、「DTP」「色」「印刷技術」「情報システム」「コミュニケーション」の5カテゴリが設定されています。DTPデザイナーに必要な基礎的な知識を総合的に問われる試験です。また、2年ごとに資格の更新があるため、資格取得後もスキルを維持することが大切です。他にもDTP検定という試験があります。DTPディレクションとDTPビジネスの二つのコースが用意されています。DTPディレクションは印刷物制作の全行程を管理・監督するディレクター向けの資格で、DTPビジネスは主にWordを使った文書や印刷物を作成する能力が問われます。DTPに関連した資格だけでなく、IllustratorやPhotoshopを使いこなせることも仕事の幅を広げる上でお勧めです。

graphicグラフィック業界の仕事

come on

TECH.C.福岡をリアルに体感! Let’s Go!

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
page top
Close