仕事図鑑

WEB業界の仕事

UIデザイナー

UIデザイナーになって世の中のWebサイトがいかに細部までこだわって作られているかを知りました。

スーパーデジタルデザイン専攻卒

UIデザイナーとは?

ユーザー目線で快適な操作性を考える職業

Webサイト開発においてユーザーインターフェース(UI)のデザインを担当するのがUIデザイナーです。Webサイトが氾濫する現代においてWebサイトを訪れたユーザーにとって見やすい・使いやすいWebサイトであるかどうかということの重要性はますます高まっています。ストレスを感じさせないユーザビリティに溢れたサイト制作を行うことによりユーザーのアクセス数やリピート率の向上といった効果を期待することができます。Webサイト開発競争に勝てるUIを作ることがUIデザイナーには求められています。

UIデザイナーってどんな仕事?

ユーザビリティを意識したWebサイトを生み出す

UIデザイナーの仕事はユーザーが製品やサービスにアクセスしやすいデザインを考えることです。ボタンの配置やフォントや表示サイズ、製品のレイアウトなどユーザーにとって最適な導線を考え、ユーザーが快適にブラウジングできるUIを作り出します。近年、Webデザインを考える上で、使いやすさを配慮したデザインを作成することが一般的になってきており、WebデザイナーがUIデザイナーを兼任しているケースも多くなっています。 UIデザイナーはWebサイト開発での仕事が主ですが、最近ではスマートフォンアプリのUI制作などアプリ・ゲーム業界からの需要も増えています。

企画

サービスの強み、現状の課題、ターゲット層などヒアリング内容を元に、どのようなUIデザインにするか検討します。Webデザイナーやディレクターと話し合い、Webサイトの方向性や目的を決めます。

設計

企画に基づきUIの設計をします。ボタンの配置や文字のレイアウトを考え、より見やすいサイトをデザインします。 ユーザーの行動を予測し何がどこにあれば便利なのかと言った視点でUIを設計していきます。

どうすればUIデザイナーになれる?

UIデザイナーへの道のり

UIデザイナーは比較的最近生まれた職種であり、決まったルートというのはまだありません。UIデザインを考える上で、サイトの構成やデザインや色彩の知識、Photoshop、Illustratorなどデザインソフトの操作スキルなどが求められるので、まずはデザイン系専門学校でデザインに必要な基礎を学び、Web制作会社への就職を目指します。UIというのはWebデザインの一部なのでUIの機能性を設計するスキルと見た目の美しさを設計するデザインスキルの両方を備えていると強みになるでしょう。以前はWebデザイナーがUIの設計までを兼任する傾向がありましたが、サイト設計を考える上で、UIの設計は重要視されるようになり、UIデザイナーの需要は高まっています。親和性の高い職種であるUXデザイナーを兼任し、UX/UIデザイナーとして専門性を極めキャリアアップを目指すことも可能です。

求められる知識・資質

デザインの知識

見やすいサイトを作るにはデザインへの理解が必須と言えます。狙いに合わせた色遣いや画面のまとまりなどをしっかりと意識したWebサイト作りが求められます。

コミュニケーション能力

UIデザイナーはWebデザイナーやコーダーとチームで作業することになります。お互いの専門分野を理解し円滑なコミュニケーションを取ることが重要です。

UIへの理解

PC・スマホ・タブレットなどの各デバイスで、簡単な操作で必要な情報を得られる設計力が求められます。色彩などを学び論理的な視点からUIを考えることで、誰もが使いやすく質の高いWebサイトを目指します。

UIデザイナーに必要な資格や試験情報

UIデザイナーになるために必要な資格や試験はありませんが、役に立ついくつかの資格があります。ウェブデザイン技能検定はWebデザイナー向けの国家資格で、インターネットの仕組みから、HTML、CSS、JavaScript、ユニバーサルデザインなど幅広い知識を問う資格試験です。実技試験もあるため、この資格を取得することである程度の実力の証明ができます。また、色彩検定やカラーコーディネーター検定では色のマネジメントが学べます。UIのカラーリングはサイトの見やすさにも繋がる大切な要素なので検定を通して自分のスキルを確認してみることをおすすめします。

webWEB業界の仕事

come on

TECH.C.福岡をリアルに体感! Let’s Go!

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
page top
Close