仕事図鑑

小説・ライトノベル業界の仕事

Webライター

自分の書いた記事が多くの人に読まれ、クライアントに利益をもたらした時に、大きな喜びを感じます。

ライトノベル&小説作家専攻卒

Webライターとは?

コンテンツを充実させサイトの価値を高める職業

企業がWebサイトを持つことが当たり前になったことで、Webサイトのコンテンツを充実させることがライバル企業との差別化や競争に勝つために重要になってきました。Webライターはサイトに記事を提供し、コンテンツの充実やアクセス数アップのために活動します。企業がWebサイトに求めるものは製品のプロモーションや会社の認知度アップなど様々です。企業のニーズにあった記事を提供し、記事によってサイトの目的を達成させることがWebライターの役割であり、手掛けた記事が多くの人の役に立ち、企業に利益をもたらすことが出来た時に大きなやりがいを感じられる仕事です。近年、Webメディア企業が増え、Webライターへの需要も大きくなっています。

Webライターってどんな仕事?

Webライティングを駆使して役立つ情報を届ける

クライアントからの依頼やWebサイトのコンセプトに沿って記事を書くのが主な仕事です。記事制作の際には依頼のテーマに関連のあるWebサイトや書籍を読み、正しい情報収集を行いユーザーが求める情報を精査し、記事のクオリティアップを図ります。また、紙面のライティングと大きく異なる点は、検索上位を考えたキーワードライティングを意識することが重要となります。SEO対策を行う場合は、GoogleキーワードプランナーなどSEO対策ツールを活用し「サジェスト」と呼ばれる「その検索ワードと一緒に入力されやすいキーワード」を調べるなどしてSEO対策に役立てます。検索上位に載るかどうかでアクセス数に大きな影響がでるのでSEO対策は非常に重要視されています。
※SEO対策というのはGoogle検索の上位にWebサイトへのリンクが掲載されるように調整すること

打ち合わせ

クライアントから読者となるターゲット層や記事のテーマなど概要を確認します。

情報収集・調査

記事にするテーマを掘り下げ、正確な情報を集めます。記事を書く上で事前のリサーチはとても重要です。

記事制作

調べた情報を元に記事をライティングしていきます。タイトルや見出しをつけるなど読みやすい構成を考えることも大切です。ユーザーが読み進めたくなる記事の内容、読みやすさを意識することが大切です。

修正チェック

誤字脱字や誤った情報はないかなど、入稿前に記事の校正と修正を行います。スマホで見た時の改行バランスや重複する言葉がないかなど、無駄を省き違和感なく読み進められることが大切です。

SEO対策

Google検索に引っかかりやすくするためにキーワードを追加したり、記事に独自性を持たせる工夫をします。 GoogleキーワードプランナーやSEO対策ツールを活用し記事制作に役立てます。

どうすればWebライターになれる?

Webライターへの道のり

Webライターは紙媒体の執筆とは異なり、ユーザーに読んでもらうための記事構成や上位表示を狙ったキーワードを意識して作成する必要があります。最近ではWebメディアも増えてきたこともあり、未経験から目指す人もいますが、SEOを意識した文章の構成、キーワードの入れ方、HTMLタグまで幅広い知識など、Webライティングの特性を理解する必要があります。まずは専門学校や大学で文章の書き方やWebに投稿する上で必要なコーディングを身につけましょう。その上で広告代理店やWebコンテンツ制作会社などへ就職するのが一般的とされています。Webライターとして実績を積んだ後のキャリアとしては、メディア系企業に所属している場合なら編集者や編集長へのキャリアアップがあります。一方、フリーランスの場合ライターとして名前が売れたのを機に、講演会やセミナーでの登壇やコンサルティング方面に活躍の場を広げていく人もいます。

求められる知識・資質

文章力

物事を誰にでもわかりやすく伝えるというのは難しいことです。文章力を磨いて多くの人に伝わる記事制作をしましょう。

語彙力

適切な語彙選びをすることが記事のわかりやすさやクオリティアップに繋がります。

SEO知識

小説のような文学作品とは違いWebライティングではSEO対策も重要な要素になります。SEOを意識してサイトのアクセス数増加を狙いましょう。

Webライターに必要な資格や試験情報

Webライターは経験や実績が重要視されるので、Webライターになるために必ず必要な資格はありませんが、ライターに関連する資格として、Webライティング能力検定®など、取得を目指すことで自分の能力を図ることができ、レベルアップにつながったり、就職に有利になることもあります。また文献やWeb上の情報を参照した上でライティングを行う場合は、著作権についてもしっかり理解しておくことが大切です。ビジネス著作権検定を取得しているとクライアントへの安心につながるでしょう。また、日本語検定は正しい日本語を身に付けることができ、その後のライティングに大きく差が出ると言われている資格なので取得を目指して損はないでしょう。その他にスキルを磨くには講座を受講してプロから教えを受けるというのも一つの手段です。宣伝会議が開催している編集・ライター養成講座はWebライターをはじめとした書く職業全般に役立つ講座です。課題を書いて文章を添削してもらえる機会もあるのでスキル磨きには最適といえます。

novel小説・ライトノベル業界の仕事

come on

TECH.C.福岡をリアルに体感! Let’s Go!

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
page top
Close