仕事図鑑

ゲーム業界の仕事

ゲームプロデューサー

チームでトラブルを乗り越え、発売日に無事ゲームをリリースできた時の喜びはひとしお。

スーパーゲームクリエーター専攻卒

ゲームプロデューサーとは?

チームをまとめ上げプロジェクトを成功へと導く職業

ゲーム制作において統括管理するのがゲームプロデューサーです。予算や制作スケジュールの調整の他、制作スタッフの選定広告プロモーションなど、ゲームプロデューサーの仕事は多岐にわたります。プロジェクトの成功はプロデューサーの力量で左右されるといっても過言ではありません。ゲームプロデューサーはゲームディレクターと混同されることがありますが、制作現場を管理するゲームディレクターとは異なり、プロジェクト全体を取り仕切るため、より範囲が広くなります。チームをまとめあげ、思い描いたゲームを創造する喜びや達成感は大きく、ゲームを制作する上層ポジションとして目標となる職種です。ゲームプロデューサーはチーム全体を支えるということから、幅広い知識や求められる能力も高くなりますが、その分やりがいの大きな仕事といえます。

ゲームプロデューサーってどんな仕事?

ゲーム制作における全てを統括する仕事

ゲームプロデューサーは、マーケティング、企画、販売戦略、マネジメントなど幅広いビジネススキルが求められる仕事です。プロジェクトを円滑に進めていくために、ゲーム制作に関わる人々を統括するリーダーのような役割を果たします。プロジェクトをトラブルなく遂行していくゲームプロデューサーの仕事内容を紹介します。

マーケティング・企画開発

ゲームプランナーらと共に、市場ニーズを分析し、利益を生み出し、ヒット作につながるアイディアを煮詰めていきます。開発予算の確保や資金調達、スポンサーとの交渉などもゲームプロデューサーの仕事です。

プロジェクトマネジメント

制作スケジュールや予算はしっかりと抑えながら、スタッフの能力を最大限に高めるマネジメントを行い、プロジェクトが円滑に進むように調整します。

販売戦略

販売前後の広告プロモーションやゲームの売上げを伸ばすための広告手段を考えます。売上げへの責任も負うため、経営やマーケティングの知識を深め、宣伝・販売計画などを戦略的に行います。

集計・分析・運用

発売して終わりではなく、ゲームリリース後はユーザーの反応や売れ行きを分析し、改善提案を行い、クオリティの向上や次回作に活かしていきます。

どうすればゲームプロデューサーになれる?

ゲームプロデューサーへの道のり

ゲームプロデューサーとして働くために、必要な資格は特にありませんが、経験が重要視される職種なので、新卒で採用されて、いきなりゲームプロデューサーになれるというのは、ごく稀なことです。ゲーム開発現場での経験が必要な職種ですので、まずは企画などを担当するゲームプランナーとして経験を積み、アシスタントプロデューサーやゲームディレクターを経たあとに、ゲームプロデューサーになるケースが一般的です。また、ゲームをプロデュースするという立場上、制作スタッフに指示を出す上で、プログラミングやグラフィックをはじめとするゲーム開発における全般的な知識や技術がなければ、プロジェクトを正確に進めることはできません。まずはゲーム系専門学校で制作の流れやゲーム開発における専門知識を養い、即戦力となるような力をつけることでいち早くステップアップができます。学生のうちから意識を高くもち、実践教育などでさまざまな経験を積みプロデューサーの地位を目指します。

求められる知識・資質

マネジメントスキル

スケジュール管理やトラブル対応など制作チーム全体の流れや進捗を管理しながら、チーム全体をまとめ、予定通りにプロジェクトを進行させるタスクを管理やマネジメントスキルが求められます。

判断力とリーダーシップスキル

予期せぬトラブルがあったときにどう乗り切るか、適切な指示や問題解決力など、自発的に行動できる判断力に加え、チームを束ねて全体を引っ張っていけるリーダーシップも問われます。

コミュニケーションスキル

プロデューサーという立場上、社内外でのやり取りが多く発生します。チームを率いるリーダーとして日頃から、こまめな情報共有やコミュニケーションは欠かせません。

幅広い知識

ヒット作を生み出すには、最新ゲーム事情、最先端IT技術、マーケティング手法、他業種のエンタテインメントなど、知るべき知識と経験が山程あります。幅広い分野にも興味を持つことで新しい開発ゲームのヒントになるでしょう。

ゲームプロデューサーに必要な資格や試験情報

ゲームプロデューサーになるための資格は必須ではありませんが、ゲームプロデューサーという職種は、ゲームプログラマーやゲームプランナー、ゲームディレクターなど、開発現場を経てステップアップするケースが多いため、各職種に関連する資格を持っておくと、働くうえで役に立つでしょう。また手掛けるゲーム作品をヒットさせるために、世の中の流れやトレンドを敏感に察知し、情報のアンテナを張り巡らせる努力も欠かせません。ゲーム業界は特に目まぐるしく急速に変化していくため、常に新しい情報を取得する情報収集力も大切です。

ゲームプロデューサーを目指せる専攻

スーパーゲームクリエーター専攻

  • 3年制
  • 専門士

プログラム・企画などゲーム制作の中枢を4年間で学び、ゲームクリエーターのスペシャリストを目指す。

目指せる仕事
ゲームプロデューサー / ゲームディレクター / ゲームプログラマー / ゲームデザイナー / ゲームプランナー

ゲームプログラマー専攻

  • 3年制
  • 専門士

ゲーム開発に必要なC言語やC++などのプログラミングを学び、ゲームの流れを作るスペシャリストを目指す。

目指せる仕事
ゲームプログラマー / ゲームプランナー / ゲームクリエーター / モバイルゲームプログラマー / ゲームプロデューサー

ゲームプランナー専攻

  • 3年制
  • 専門士

ゲーム制作の核として、「面白い!」と思われる企画力、開発チーム全体をまとめるコミュニケーション力などを身につける。

目指せる仕事
ゲームプランナー / ゲームスプリクター / ゲームプロデューサー / ゲームディレクター / ゲームシナリオライター / ゲームライター

gameゲーム業界の仕事

come on

FCAをリアルに体感! Let’s Go FCA!

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
page top
Close