仕事図鑑

アニメ業界の仕事

アニメ監督

アニメーターや作画監督を経て、アニメ監督へのキャリアアップを目指し日々奮闘中です。

アニメーション専攻卒

アニメ監督とは?

名作を生み出し感動を与える職業

アニメ監督は、アニメ制作において全ての決定権を持つ総責任者です。アニメ作品がヒットするか否かは、アニメ監督の力量で大きく変わります。それゆえアニメ監督の責任はとても重く重圧のかかる仕事でもあります。大きなプレッシャーがある分、スタッフと共に作品を作り上げた時の達成感も大きく、作品を通じて観客の心に響くメッセージを伝えられることは大きなやりがいと言えます。また、日本アニメのクオリティは世界が認めるほど高く、海外でも作品が評価されると、名声を手に入れることができる夢のある職業といえるでしょう。

アニメ監督ってどんな仕事?

アニメ制作の指揮を取る最高責任者

作品の制作意図や演出を制作スタッフと共有し、作品に関わる全ての部署を指揮し統括するのがアニメ監督の仕事です。その仕事内容は多岐に渡り、脚本家と共に作品の構成を練り、その脚本を元に絵コンテをおこし、制作チーム、美術(背景)、演出など各部署との打合せ、声優や音楽への指示、必要であれば自ら作品を描く場合もあります。そして最終的にできあがった作品の編集に至るまでアニメ制作の全工程に携わり指揮を取ります。アニメの知識だけでなく、映像や映画の知識も求められます。作品のテーマや方向性をチームに示し、常に新しいアイデアや表現を考え、最高責任者としてリーダーシップを発揮しながら全体をまとめ上げる仕事です。

絵コンテ制作

絵コンテとは、監督がイメージする作品を具体的にスタッフに伝えるための設計図です。背景やキャラクターの動き方、効果音などの情報を入れていきますが、監督自ら書く場合もありますが、そうでない場合は演出家や絵コンテ専門スタッフに作品の完成イメージを伝え、絵コンテを仕上げます。

各関係者との打合せ

アニメ監督は各関係者との打合せを重ねながら、的確な指示を出し作品のクオリティを上げていきます。
演出打ち、作監打ち、作打ち、美打ち、色打ち、撮打ちなどに分けられます。ここでしっかりと作品のイメージを伝えられるかによってクオリティだけでなく、作業効率にも影響してきます。

レイアウトや原画チェック

完成したレイアウトや原画が、絵コンテの指示通りに仕上がっているかをチェックする仕事です。指示に沿っていないものは修正指示を出し、レイアウトと原画を完成させます。

編集やアフレコの立会い

編集スタッフと共にシーンごとの時間配分や全体的な流れなどを調整します。全体的な流れについても調整をして、動画の仕上げをする工程です。動画が完成したら、キャラクターの声を吹き込むアフレコ作業にも立会います。

宣伝活動

より作品がヒットするため、取材を受けたり、時にはテレビに出演したりしながら作品をアピールし宣伝活動を行います。作品の魅力を伝えるプレゼン力も必要です。

どうすればアニメ監督になれる?

アニメ監督への道のり

アニメ監督になるためには、アニメ制作に必要な映像や編集技術、演出や美術など制作現場で必要とされる様々なスキルや知識を身に付ける必要があります。それに加えて制作を円滑に進め、現場をまとめるマネジメントスキルも求められます。まずはアニメ専門学校などで実際のアニメ制作の工程を体系的に学びながら理解を深めることが大切です。アニメ監督という役職はアニメ制作において総責任者というポジションになるので、卒業後すぐにアニメ監督になれるわけではありません。アニメ制作会社へ就職後は、アニメーターから作画監督、制作進行から演出などあらゆる部署の仕事を経験しキャリアを積んでいくことが大切です。実力が認められるとアニメ監督に任命されたり、自分の企画や作品が通りオファーを受けるということもあります。実績や人脈を築き、自らアニメ制作会社を立ち上げて独立することも可能です。

求められる知識・資質

アニメ作成の流れ

アニメ制作の統括の役割を果たす立場なので、アニメ制作全体の流れや各工程における知識は必要不可欠です。全てを把握できているからこそ、的確な指示が出せるのです。

マネジメント能力

公開日に間に合うように進行スケジュールを管理し、各スタッフが効率的に作業を進められるようマネジメント力も問われます。

演出力・発想力

監督の演出力は、作品の仕上がりに大きく影響します。観客を映像の世界へ引き込む斬新なアイデアと常に人を驚かせる発想力も大切です。

コミュニケーションスキル

アニメ作品の完成度を上げる上で、制作に関わる全てのスタッフとの意思疎通はとても重要です。監督の描いているアニメの完成イメージを的確にスタッフへ伝えられるコミュニケーション能力は不可欠です。

アニメ監督に必要な資格や試験情報

アニメ監督になるために、必要な資格は特にありません。アニメ制作の全工程に関する知識が必要であることは言うまでもありませんが、観る人の心を動かし、想像力を搔き立て、新しい発見や視点、感動を与えられる演出力や映像表現力を磨き続ける努力は欠かせません。脚本・演出などの技法をはじめ、撮影・音響・編集技術、映像が人に与える心理的影響まで幅広く学んでおくと監督としての仕事に幅を広げることができるでしょう。

アニメ監督を目指せる専攻

アニメーション専攻

  • 3年制
  • 専門士

アニメーションに必要な技術を鍛え上げ、絵の力で感動を与えるアニメーターになる!

目指せる仕事
アニメーター / プロデューサー / アニメ監督 / 制作進行 / 色彩設計 / 美術監督 / 撮影監督

animeアニメ業界の仕事

come on

TECH.C.福岡をリアルに体感! Let’s Go!

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
page top
Close