仕事図鑑

アニメ業界の仕事

アニメ制作進行

チームでひとつの作品を滞りなくスムーズに進めるため、各部署の橋渡しとなり、完成へと導く責任のある仕事で、完成した時の達成感はひとしおです。

アニメーション専攻卒

アニメ制作進行とは?

アニメ制作をスムーズに調整する職業

アニメの制作進行とは、アニメ制作に関わる予算やスケジュールの管理、アニメーターへの仕事の割り振りなど、制作チームと各部署の橋渡しとしての調整などの業務を行い、円滑に作品が完成できるようにする仕事です。実際に作画を行うことなくアニメの制作に関われる仕事なので、イラストや作画が苦手でもアニメの仕事に関わりたいという方にもおすすめの職業です。アニメの制作をスムーズに進行するためのあらゆる調整を担う仕事なので、「制作進行がいなければアニメはできない」と言われる事もある為、アニメ制作にはとても重要な仕事の1つとなります。業務内容は多岐に渡りますが、その分アニメ制作の全般に関わることができるためやりがいも大きいでしょう。自分が関わったアニメが完成し、視聴者やファンに感動を届けられた瞬間は、何にも代えがたい喜びを感じられるものです。

アニメ制作進行ってどんな仕事?

アニメ制作に関わるあらゆる業務を担当する仕事

アニメの制作進行の仕事は、予算や納期に合わせてスケジュール調整をしていく責任も大きく難しい仕事です。絵コンテや作画の打ち合わせ、レイアウト、動画チェックといったアニメ制作の工程全般に関わります。作画監督や演出家と打ち合わせを行ったり、完成した素材を各スタジオに届けたり、進捗が遅れている部門に働きかけたり、設定資料のコピーをとって共有したりと、交渉から雑用まであらゆる業務を担います。アニメ制作進行は予算管理も任されるポジションなので、予算と納期に応じて適切なアニメーターやスタッフを確保するのも重要な仕事です。この業務を適切に行わないと、アニメ制作の全体の進行が遅れてしまったり、予算オーバーになってしまったりするリスクがあるため、責任をもって取り組む必要があります。それでは、アニメ制作進行の代表的な仕事の流れをご紹介します。

打ち合わせとスケジュール作成

監督や演出家と打ち合わせを行い、制作するアニメの内容やターゲットなどを把握します。放送日も確認し、それに応じて制作スケジュールを作成して納期を設定します。

スタッフのアサイン

予算と納期に適したアニメーターやスタッフを手配します。アニメーターにはアニメ制作に関わる資料や情報などを共有し、打ち合わせを行いイメージを共有します。

原画の回収と修正・配達

アニメーターから納品された原画を回収します。仕上がった原画をチェックして、課題があれば修正指示を行います。完成したらバイク便などを利用しスタジオへの配達手配を行います。制作会社によっては制作進行が自らスタジオまで届けることもあります。

監督・演出家との調整

監督や演出家からの指示や依頼があった場合、アニメーターにその情報を共有するのもアニメ制作進行の仕事です。納期までに原画があがってこないといったトラブルが発生しないよう、適宜指示を行ったりスケジュール調整を行ったりします。

納品

作品が完成したら納品します。アニメ作品は複数話で構成されているのが基本のため、1話ずつ制作するのではなく複数話を同時進行するケースが一般的です。全てのストーリーを完成させるまで気を抜けませんが、完結に向けて動き続けます。

どうすればアニメ制作進行になれる?

アニメ制作進行への道のり

アニメ制作進行になるために必要な資格はありませんが、アニメ制作の流れや業界の知識といった専門知識が必要になります。そのため、アニメ関係の専門学校や美術系大学などでアニメ制作に関わる知識やスキルを身につけ、アニメ制作会社に就職するのが最も近道です。若手の内はアニメ制作進行のアシスタントとして仕事に取り組み、経験を積むことで、一人でアニメ制作進行を仕切ることになります。また、将来的には制作進行を管理する制作デスクやプロデューサーにステップアップできる可能性があります。

求められる知識・資質

スケジュール管理能力

アニメ制作進行はスケジュール管理が主要な仕事と言っても過言ではありません。アニメ制作に関わるスタッフをまとめ、納期から逆算してスケジュールを組み立てる能力が必須になります。また、スケジュールに遅延が発生しそうな場合は、適宜スタッフとコミュニケーションをとって納期に間に合わせる調整力も求められます。

柔軟性

アニメ制作の現場では当初の予定通り順調に進行することは珍しく、スケジュールの遅延やトラブルがしばしば発生します。そのような時にも柔軟に対応し、放送日に間に合うよう取り仕切る能力が求められます。

コミュニケーションスキル

監督や演出家の指示を適切にアニメーターに伝えたり、制作現場の状況を監督や演出家に報告したりと、コミュニケーションの機会が多い仕事です。伝えづらい内容を現場に指示するケースもあるため、適切に言葉を選びながら制作を進めるためのコミュニケーション力が必要です。

アニメ制作進行に必要な資格や試験情報

アニメ制作進行になるために必須の資格はありませんが、「アニメーション実技試験」や「色彩検定」といったアニメ作りに関わる資格は取得しておいて損はないでしょう。また、資格ではありませんがアニメ制作のプロセスや現場の仕事内容に精通しておく必要があるため、それらの知識を専門学校などで身につけておくことをおすすめします。 アニメ制作進行はアニメ制作の仕事の流れをサポートする役割を担います。実際に原画を作成したりすることはありませんが、アニメ制作進行の一言でスタッフのモチベーションが上がったり、制作はスムーズになったりすることはしばしばあります。スタッフをはじめとする仕事に関わる人々の心をつかみ、制作した作品で世の中の人々の心を動かすためのスキルを磨き上げましょう。

アニメ制作進行を目指せる専攻

アニメーション専攻

  • 3年制
  • 専門士

世界が注目する日本のアニメ業界を目指し、ハイレベルな画力と最新のアニメーション制作技術を修得します。

目指せる仕事
キャラクターデザイナー / アニメーター / 色彩設計 / 制作進行 / 背景監督 / 撮影監督

animeアニメ業界の仕事

come on

TECH.C.福岡をリアルに体感! Let’s Go!

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
page top